ここからは結構真面目な話で、その墓地にずっと居続けられるかがテーマです。 入ったすぐはいいものの、長い年月がたってお墓の面倒を見てくれる人がいなくなったら撤去されてしまうのでは。。 という心配があるからです。

永代供養料としてお金をはらうものの、分かる人が誰もいない状況でその保証はないですからね。 特に私の場合、お墓を受け継ぐ人が現状見つからないので切実な問題です。

いろいろと調べてみると、お墓の情報館では墓地の運営主体によってお墓の継続ができるかどうかが大きく変わることが書いてありました。 墓地の運営主体には大きく3つあるそうで、それぞれ紹介します。

寺院が運営する墓地

お寺や寺院が直接運営する墓地で、基本的にはそのお寺の檀家になっていなければ入ることができません。(一部はそれを問わないところもあるようです) お寺の場合だとそのお墓の継承者がいない場合には永代供養料を払うことで、お墓を維持できるみたいですね。

市町村が運営する墓地

公営墓地といわれているそうですが、使用期間を定めてその間は維持できますが、 維持するお金が支払われなくなり一定期間が経過すると、使用権がなくなるそうです。 期限がすぎると納骨堂や合葬墓に改葬されるようになっています。

民間企業などが運営する墓地

こちらは運営者の方針によって様々みたいですね。 公営と同様に使用期限を設けているところや、昨今の無縁社会を意識してか、 そのお墓を引き継ぐ人がいるかどうかを問わず、その墓地の運営者がお墓の管理や永代供養を 行うことを条件に販売している理想の形があったりします。 ただし、条件として、一定期間をすぎると合葬されることもあるので、契約条件をよく見ないいけませんね。 あと、ずっと一つの墓を管理してくれるといってもその企業や団体が約束を守らなかったり、潰れたりしたら 全く意味はないので、その墓地の運営者の信用度も見ないといけませんね。